薬剤師転職のきっかけは人によりけり

| 未分類 |

薬剤師転職のきっかけは人によって様々で、薬剤師として働いていた人が単に職場を変えるケースもあれば、心機一転して他業界から薬剤師を目指すケースなどがあります。

 

薬剤師転職のきっかけについて、知り合いの薬剤師に伺うと安定して需要のある職業だからという回答が返ってきました。確かに薬剤師の需要は高く、特にドラッグストアや大手量販店の薬剤販売部門などの求人広告はよく目にします。給与や休日といった福利厚生部分も他業種に比べ充実していますし、何と言ってもこのご時世、給与が安定しているというのは大変魅力的な部分であります。だからと言って、他業種から薬剤師を目指して勉強するには現在6年ほど専門の学校に行って学ばなくてはいけませんし、国家資格を取得しなければいけません。簡単に転職できるわけではなく、国家試験を目標としないといけませんので、狭き門でもあります。それに付け加え、薬剤師の資格を取得するのに費やす年数だけでなく費用もかなりかかります。元入れが多くかかる分、おいそれと一から薬剤師の勉強をするにはかなりの決断がいります。

 

 

しかし、若ければ若いほど薬剤師転職のきっかけをつかんでそれに挑戦することは十分に可能ですし、目指す意味はあると思います。薬剤師がもう少しローコストで目指せる国家資格であれば、それを目指す人も増えるのにと思います。今後も安定志向が強くなっていく一方で転職を考える人にとっては薬剤師という国家資格は大変魅力的な資格ではないでしょうか。